あがり症とは?

あがり症とは、人前に出た時だけ現れる症状です。

自分の親や兄弟、友達の前では平気で、自分の考えを話し、相手の話を理解することができます。

しかし、不特定多数の人の前に出た時に症状が現れます。
これがあがり症の特徴なん例です。

一般に、人数が増えるほどストレスが強くなりますが、1体1の場合、異性や初対面の人でも緊張して、症状が出ることも。

みんなが自分に注目している、ミスをしたら笑われるに違いない、という思い込みが強くなると、公共の交通機関に映ることができなくなる。

ストレスとなる場面を避けて出社できなくなるとして、ひきこもり状態になり、あがり症からうつ病を合併することも十分にあるそうです。

あがり症は、心臓の動悸や血流の流れが大きく関係しています。
そのために、あがり症により動機が激しくなり、パニック障害を起こす患者もいるそうです。
あがり症の症状
・動悸や震え、発汗、赤面、吐き気などの体の症状
・誰かに見られている、観察されているという不安感
・自分は周囲からバカにされている、低く評価されている
・人前に出る場面を想像すると不安になり、不眠やうつ病に

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP