容姿を気にする

あがり症は、人の前で話をすることに苦しみを感じる症状を言います。
しかし、同じように容姿を異常に気にする症状もあります。

このような症状を身体醜形障害と呼ばれ、服装や自分の体にコンプレックスを持つ事を言います。

私は、身体醜形障害にも悩んでいました。
もともと、そこまでファッションに興味はなかったのですが、人と触れ合うことが苦手になり、
自分の容姿がひどく気になっていました。

なんというか、「人気の服、きれいな格好」を意識してるわけではないのですが、周りから悪いように見られているのではないか?そんなことを毎日のように考えていました、、、。

「私の服装は汚いのでは?」
「私の服は臭いのでは?」
「私って太っているのでは?」

やはりこの症状も、周りの人の目線が気になることで起こります。
ひと目を気にすることにより、自分の姿がひどく気になってしまう・・・。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP